2018年12月23日

更年期に必要な栄養素は大豆イソフラボン。

50歳を過ぎると体のあちこちに不調を感じます。

最近私は更年期障害の真っ只中で、心も体も
疲れ果てておりまして、

自分の体がこうも老いてしまっていいることに
自分でももどかしくイライラする毎日です。


そこで私の症状がどうゆうものかというと
イライラ
顔のほてり
急に寒くなる
急に汗が出る
腰の痛み
肩こり
筋肉の低下
膝の痛み
足腰の冷え
頭痛
眠らない
疲れやすい
むくみ

こういったことが日々繰り返しているのです。

何とかこの不調を改善したいと思いいろいろ調べていると
更年期の不調は女性ホルモンのエストロゲンの減少によるものなので、
女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンを
取るようにすればいいということなのです。
自分の食生活を思い浮かべてみたのですが

今日の夜ご飯はオムライス
とコーンスープ、レタスのサラダ、
お昼は子ども会でシチューとパン

朝ごはんは白ご飯とスクランブルエッグとお味噌汁


大豆イソフラボンを多く含んだ食品には身近なものがあります。
納豆
大豆飲料
油揚げ
大豆煮
きなこ
味噌

今日一日で私が摂った大豆製品はお味噌汁だけです。
明日からもう少し取り入れて更年期の不調を改善したいものです。


Posted by 雷ママ at 23:05